樹と人と地域を結ぶツリーワーク
人の生活と資産を守るため
樹を知り、樹を伐る
Altitude felling
機械使用が不可能な場所で 安全に樹を伐採する
例えば進入路がない場所、民家裏、法面、神社、墓地等、機械使用が不可能な場所では、「人の力」で安全に、効率的に伐採を行う必要があります。これを実現するのがロープワーククライミングによる高所特殊伐採技術です。
最大の特徴はロープワーク技術であり、安全に作業をするために発達してきた分野です。ロープワーク技術はもともと高い安全基準を有するものでありますが、当社ではさらに自社開発道具の利用などを通じて安全作業を徹底しています。その安全性は厚生労働省の安全基準を満たしております。
枯れてしまったり、大きくなりすぎて管理ができなかったり、機械やクレーンがはいらないような特殊な条件下で、倒木や枝折れの危険がある木を剪定伐採いたします。現場の状況は本当に多種多様ですので、一歩間違うと事故につながりかねません。最も適した作業手順・方法について、当社からご提案をさせていただき、お客様の不安を解消させていただきます。
特殊伐採による効果
資産保護×樹木のデザイン
 落ち葉に困っている、日当たりが悪い。木が倒れてきて家屋が壊れる等の不満や不安。これら周りに及ぼす危険を取り除き、樹木倒壊や枝折れによる破損を未然に防ぐことで、暮らしの中にある個人の資産や私物を守るのが特殊伐採の目的です。  あるいは公共の施設の保全にも繋がります。公園管理、里山管理等、例えば電線に触れている樹木の場合も、倒木断線・放電を防ぐため、または電気を安定供給するために樹木を管理しなければなりません。
現在の日本では樹木管理という捉え方ではなく、設備保安という捉え方が主流です。しかしながら、樹木は生き物。単純に、人工物の保安という視点だけでは、自然環境との調和が図れないのです。 当社は独自のアーボリカルチャーの考え方にもとづき、設備保安だけでなく、樹木管理という視点から樹木との共生、景観のデザインなどを考慮し、樹木と共にある人の生活に最も適した剪定伐採を行うよう心がけています。
日本では希少な樹上のプロ
アーボリストクライマー
nisikawa
人と樹とが共生する中では、強風で巨木・古木が倒れ家屋が倒壊したり、さらには人命の危機をも含めた重大な事故となる危険性があります。しかし、人が生活する地区においての伐採は、そのまま伐り倒すことができないため、どうすればいいのか分からない、どこに頼めばいいのか分からない、等のお悩みを抱えるケースが少なくありません。
ベルクジャパンカンパニーはこれらの問題を解決することができる「ロープワーククライミング」による特殊伐採技術を保有しています。この伐採業務に当たるのは、アーボリストクライマーといわれる特殊な技術を身につけた樹上のプロフェッショナルです。欧米で確立されたこの技術を駆使できるのは日本でも100人もいないだろうといわれています。
特許取得済
自社開発のBJCウインチ
伐採は作業手順の誤りや不注意等によって、樹木の落下など非常に危険な業務です。左記の通り、機械の使用ができないような伐採ではさらに、この作業を的確に、慎重に行わなければなりません。となると、作業に時間がかかるのが難点であり、伐採コストが膨れ上がることになります。
当社ではこの伐採業務を安全に、かつクイックに行うために、弊社は独自開発のBJCウインチによって実現しています。 BJCウインチを活用した伐採は、とにかくシンプル。重機など大掛かりな設備を使う必要もなく、操作ミスなどのリスクも大幅に軽減することにもつながります。 ▶BJCウインチについて詳しく